4/30

原稿。
汝会議。
書見。
ちなみに、と言うたびに百円もらえる。
ベーシックインカムにしてほしい。


4/29

原稿。
つんこ。
休息。
奈良時代の貴族が奈良漬を食べたとでも❓


4/28

原稿。清掃。
ギターの弦は提灯と同じものだ。
けたぐりの独習って難しいね。
足が痛くなるばかりでちっとも成果があがらぬ。
日本から助詞をなくしていこう。できるだけでいいから。


4/27

原稿。半分まで。
なるめ。とはなにか。
それはワシはしらん。
観潮楼で見るのは潮ではない。


4/26

原稿。清掃。
書見。
筋トレをしない。
熟、と書きたい。


4/25

原稿。清掃。
海辺の駐車場封鎖。
エスエムに行きたかった。
乳慾。書見。
心が壊れた人に人骨笛を無償配布。


4/24

原稿。清掃。
海辺のポンさ。
みなで相談してピョッハー。
線でな。
エスエム。
むるねも。ヨードチンキがぶ飲み。


4/23

原稿。清掃。
スボンに餅入れて歩くのがいま格好いいんだって。
あとパスタ。
もち茹でたやつね。
毛虫にもなったこともないやつが偉そうに言うな。


4/22

東京へ参る。
ときょマイレージバンク。
税金の紙がぎょうさんあるわ。
死の。


4/21

原稿。
昔のことを思い出せ。
うどんげを咲かせろ。
昔は青空駐車という語があった。
社会問題になっていたのだ。
車社会の到来、とかいってたんだよ。
猿がな。


4/20

原稿。
千葉でパン食。
それも津田沼で。
何考えてるんだろう。
歯に犬が詰まっている。


4/19

原稿。清掃。
ごうの川
そこで人麻呂は茶をたべなかった。
重石のような軽石。
集中緑内障を。


4/18

原稿。
作新こ。

いのりとか、もういいから、さかしまなことはやめてください
あざやかできれいな服、着てても、あざとい君の嘘は、いつかばれるよ
ほんとうのこと隠す、うつろな言葉はやめてください
美しい顔、それ、見せるなら、人のきもち知ってくれ
ひざまづいても、もう、それは無理だね
あなたの犬は、もう、とうに、川をこえたよ


4/17

原稿。
崖下にチューリップ
木村養鯉とご相談。
東京に参りたい。
仁義は鳥の心。


4/16

原稿。
結局ソネット。
自分で作る提携。
皆川という男が生きる。勝手に。
得手勝手に。


4/15

原稿。ボーベン。
此のまかな。
ちゃっきり娘、最高だったな。


4/14

原稿。鶯デッキに死す。
寝巻きに着替えると起きる。
よそいきで死闘。
ちびらないでくれ。


4/13

原稿。作新こ。
つもりつもった浮世のあかは
スルメ屋さんに置いてきた。
なにも言うな。
なにも見るな。
ただ生きよ。墜ちよ。


4/12

原稿。下山淳と会話。
ベンダーのような。
頭はいつもドレッド。
全自動チャーハンマシンの幻想。


4/11

原稿。清掃。
原稿。作新こ。
養鯉ライ。
ベテランの球は犬が持つ。


4/10

原稿。曇天。ひばり。
リハの中止。
渋江抽斎。
ごんぶとが登場した時の衝撃はいまだに忘れられない。


4/9

原稿。
原稿。
書見。
蟹の乱れは生活の心。
チーカマのように。


4/8

原稿。清掃。
どんどんパンパンと生きている。
ずんだの餅のように。


4/7

原稿1。
著者校。
洗濁。
原稿2。
歩行。
書見。
霊魂復活。仕事寸土。


4/6

原稿。清掃。
無気力。
このままではあかぬ。
インビジブル。話。
「養子の容姿が不細工で」サニー・艷王。
アイビーリーグの豚クソ。


4/5

原稿。
また砂糖入れすぎた
和食を憎む。
ザンポ。
無気力。
語りの主税。
変わらないと信じる人の心、慣習がゆっくりと変わっていく。


4/4

無気力。
大魔王。ジャー、保温ファーライ。
無気力。


4/3

原稿。
和牛庵。
奇跡の保険証。
会話。
バック後、ぜつ民。


4/2

原稿。清掃。
無気力貴族。
小説のアイディアーだけが湧いて湧いて。
無気力。


4/1

原稿。清掃。
布マスクポピー。
無気力。


  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月

  • 過去のdiary
    © 1999 - 2020 MachidaKou All right reserved.